top

 

 スポンサードリンク

から揚げのアレンジ

あるランキングサイトが行った調査では、「お弁当に入っていると嬉しいおかず」の第1位はから揚げという結果だったそうです。

いくら好きだとはいっても、いつも同じ、ただのから揚げではさすがに飽きてきてしまいますね。
味の変化を楽しむために、少し手を加えてアレンジしてみてはどうでしょうか。

前日の夕飯のから揚げを少し残しておいて使ってもいいですし、冷凍のから揚げを使ってもできます。

分量はだいたい一人分の目安です。
残ってしまった量や作りたい量にあわせて調節してください。

■チキンチーズオムレツ
【材料】
・から揚げ:1個
・粉チーズ:小さじ1杯
・卵:1個
・塩、コショウ:少々
・サラダ油:適量
【作り方】
・から揚げは細く千切りにします。
・ボウルに卵をほぐし、から揚げと粉チーズを入れ、塩・コショウをふり、混ぜ合わせます。
・熱したフライパンにサラダ油を引き、焼きます。
・冷めたら、適当な大きさに切り、お弁当箱に詰めます。

■から揚げマヨネーズサラダ
【材料】
・から揚げ:2個
・きゅうり:4cm
・赤ピーマン:1/2個
<ドレッシング>
・マヨネーズ 大さじ1杯
・粒マスタード 大さじ1/2杯
・ハチミツ 小さじ1杯
【作り方】
・ドレッシングを混ぜ合わせておきます。
・から揚げは薄切りにします。
・きゅうりとピーマンを細切りにします。
・から揚げと野菜を混ぜ、ドレッシングを加えて、さらに混ぜます。
・アルミカップなどに入れて、弁当箱に詰めます。





  


残り物のカレーをリメイク

夕飯のカレーが残ってしまうことはよくありますよね。
一食分にもならないくらいのほんの少し残ってしまった場合でも、捨てずにお弁当用に使いましょう。
カレーは冷めても美味しくいただけますし、香辛料の香りが食欲をそそります。

分量はだいたい一人分の目安です。
残ってしまった量や作りたい量にあわせて調節してください。

■カレー茶きん
【材料】
・残り物のカレー:60g
・冷凍かぼちゃ:100g
・塩、コショウ:少々
【作り方】
・カレーの具は大きいようでしたら刻んでおきます。
・かぼちゃはレンジで加熱して解凍し、つぶします。
・塩、コショウで味を調え、2等分します。
・ラップの上にかぼちゃを薄く広げて、その上にカレーをのせて、カレーを包み込むように茶巾に絞ります。
・冷めたらそのまま弁当箱に詰めます。

■チーズカレーボール
じゃがいもをそのままカップにしてみました。
お弁当用には、新じゃがいもなど、小さなじゃがいもを使ってください。
【材料】
・残り物のカレー:適量
・じゃがいも(小さなもの):1個
・スライスチーズ:1枚
【作り方】
・じゃがいもを洗って、皮付きのまま半分に切ります。
(すわりが悪い時は、じゃがいもの底の部分も少しカットして安定させてください。)
・ラップに包み、電子レンジ500Wで約1分加熱します。
・中まで柔らかくなったら、スプーンで中心をくり抜きます。
・くり抜いたところにカレーを詰めて、上にスライスチーズをのせて、オーブントースターで焼きます。
・冷めたらそのまま弁当箱に詰めます。





  


じゃがいもを使ったおかず

どこのご家庭にもある常備野菜であるじゃがいもを使ったお弁当向けのおかずです。
じゃがいもを電子レンジで加熱することで調理時間を短縮しました。

■カレー風味焼き
冷めても美味しく食べられるようカレー風味にしました。
【材料】
・じゃがいも:1個
・バター:小さじ1/2杯
・塩、コショウ、カレー粉:各少々
・ナツメグ(お好みで):少々
・牛乳:小さじ1/2杯
・ウィンナーソーセージ:1本
【作り方】
・じゃがいもは洗って、皮をむかずにラップに包み、電子レンジ500Wで約10分加熱します。
・中まで火が通ったら、熱いうちに皮をむいて、つぶします。
・じゃがいもが熱いうちに、バター、牛乳を加えよく混ぜます。
・カレー粉、塩、コショウ、ナツメグを加えて味を調えます。
・お好みの分量に分けて、それぞれアルミケースに入れます。
・斜めに輪切りにしたウィンナーを、上にのせます。
・オーブントースターで表面に焦げ目が付くまで焼きます。
・冷めたら、そのまま弁当箱に詰めます。

■のりがらめ
のりの佃煮を和えた、ご飯に良くあう一品です。
【材料】
・じゃがいも:1個
・塩:少々
・のりの佃煮:小さじ1/2杯
・酒:少々
【作り方】
・のりの佃煮に酒を数滴ふり、のばしておく。
・じゃがいもは洗って皮をむき、2センチ角に切ります。
・フタ付きの耐熱容器にじゃがいもを、水気を切らずに入れて、フタをします。
・電子レンジ500Wで2分ほど加熱します。
・中まで火が通ったら、塩を軽く振り、フタをしたまま耐熱容器を振って粉ふき芋にします。
・粗熱がとれたら、のりの佃煮を加えてよく混ぜ合わせます。
・冷めたら、そのまま弁当箱に詰めます。





  


肉じゃがをリメイク

煮物は少しの分量で作るよりもたくさんを一度に作ったほうが、失敗が少ないですし、なにより美味しく仕上がります。
翌日のお弁当の分まで、少し多めに夕飯の時に作ってしまうもの、節約術の一つですね。

肉じゃがを、じゃがいもとお肉などのほかの具とを分けて使うことで、おかず2品の完成です。

分量はだいたい一人分の目安です。
残ってしまった量や作りたい量にあわせて調節してください。

■ポテトサラダ
【材料】
・残り物の肉じゃがのじゃがいも:60g
・マヨネーズ:適量
・塩、コショウ:少々
・きゅうり、ブロッコリー、ニンジンなど、お好みの野菜
・ハムやかにカマなどお好みで
【作り方】
・野菜は、火を通すものは通して、サラダに入れられる状態にしておきます。
・じゃがいもをつぶし、マヨネーズ・塩・コショウを加えて混ぜ合わせます
・お好きな野菜やハムなどを入れて、最後にもう一度味をととのえます。
・そのまま弁当箱に詰めます。

■卵焼き
具にしっかりと味が付いているので、そのままで大丈夫ですが、お好みで塩などを足してください。
【材料】
・残り物の肉じゃがのじゃがいも以外の具:60g
・卵:1個
・サラダ油:適量 
【作り方】
・具が大きいようなら、刻んでおきます。
・溶き卵に具を入れ、サラダ油を熱したフライパンに流しいれ、焼きます。
・冷めたら弁当箱に詰めます。
※じゃがいもだけ抜き取ったあとの鍋を再び加熱して、その上から溶き卵を流しいれ、卵とじにしても美味しいです。





  


お刺身をリメイク

少しだけ残ってしまったお刺身を使って、お弁当のおかずを作ってみましょう。
魚は少しだけ調理するという事がなかなかできない食材ですので、既に一口大に切ってあるお刺身を使うのはかえって好都合でもあります。

分量はだいたい一人分の目安です。
残ってしまった量や作りたい量にあわせて調節してください。

■魚の一口フライ
魚の身がパサつくことを抑えるためにフライ風にし、ガーリックパウダーとオリーブオイルを使うことで、ちょっとイタリアンな雰囲気にしてみました。
パン粉にオレガノやパセリのみじん切りを加えると、一層豪華な感じになります。
オリーブオイルやガーリックパウダーなどがない時は、加えずにサラダ油で焼くだけでも構いません。
溶き卵の代わりにマヨネーズを使うことで、手間を省くとともに、隠し味にもなります。
【材料】
・残った刺身:お好みの分量
・塩、コショウ:少々
・ガーリックパウダー:少々
・マヨネーズ:適量
・パン粉:適量
・オリーブオイル:適量
【作り方】
・刺身をペーパータオルの上に並べ、塩・コショウ・ガーリックパウダーをふります。
・1†2分おき、なじませたら、小麦粉をはたきます。
・マヨネーズを全体に塗り、パン粉をつけます。
・オリーブオイルをフライパンで熱し、キツネ色になるまで焼きます。
・冷めたらそのまま弁当箱に詰めます。

■魚のピカタ風
【材料】
・残った刺身:お好みの分量
・塩、コショウ:少々
・溶き卵:適量
・サラダ油:適量
【作り方】
・フライパンを熱し、サラダ油をひきます。
・刺身に塩、コショウをふり、溶き卵をつけ、両面をこんがりと焼きます。
・冷めたらそのまま弁当箱に詰めます。





  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
カテゴリ
Mobile向けサイトはこちら