top

 

 スポンサードリンク

かぼちゃの煮物のリメイク術

たくさんを一度に作ったほうが美味しく仕上がる煮物は、ついつい作りすぎてしまいますね。
夕飯で残ってしまったら、少し手を加えて、翌日のお弁当のおかずとして入れてみてください。

かぼちゃの煮物は、つぶしてリメイクすることで、前日の残り物とは想像できないくらいにステキなおかずに変わります。

分量はだいたい一人分の目安です。
残ってしまった量や作りたい量にあわせて調節してください。

■かぼちゃの肉巻き
【材料】(2個分)
・残り物のかぼちゃの煮物:60g
・豚ロース肉(薄切り):2枚
・シソの葉:2枚
・塩、コショウ:少々
・片栗粉:少々
・サラダ油:適量
【作り方】
・かぼちゃの煮物をつぶします。(形が残っていると巻きにくくなります。)
・豚ロース肉に塩、コショウをふります。
・肉の端にシソの葉をおき、その上にかぼちゃ半量のせて巻いていきます。
・肉の先に片栗粉をはたいて巻き終わり、端を留めます。
・フライパンにサラダ油を熱し、中火で焼き、中まで火を通します。
・冷めたら適当な大きさに切り、切り口が見えるようにして弁当箱に詰めます。

■かぼちゃの茶巾包み
冷凍の枝豆などありましたら、少し加えると彩りも良くなります。
かぼちゃの煮具合で水分量が違ってきます。バターの量で硬さを調節してください。
【材料】
・残り物のかぼちゃの煮物:適量
・バター:適量
・塩、コショウ:少々
【作り方】
・熱したフライパンにバターを溶かし、かぼちゃの煮物入れて木べらなどでつぶしながら炒めます。
(枝豆を加える場合は、つぶした後で入れます。)
・味が足りないようなら、塩・コショウで調整します。
・少し冷ましたら、ラップで包み、茶巾にしぼります。
・冷めたらラップをはずして弁当箱に詰めます。





  


ポテトサラダのリメイク術

ポテトサラダは、味もしっかりしていますし、形を自由に変えられるのでリメイクしやすいおかずです。
夕飯で残ってしまったら、上手にリメイクして、次の日のお弁当に使ってみましょう。

分量はだいたい一人分の目安です。
残ってしまった量や作りたい量にあわせて調節してください。

■ポテトのお焼き
【材料】
・残り物のポテトサラダ:80g
・ツナの缶詰:大さじ2杯
・片栗粉:大さじ1杯強
・青のり:小さじ2杯
・しょうゆ:小さじ1/2杯
【作り方】
・ポテトサラダの具が大きい場合は少し刻んでください。
・缶の汁を切ったツナを加えて混ぜます。
・片栗粉、青のり、しょうゆを入れて混ぜ合わせます。
・3等分(お好みの分量で構いません)に分け、丸めたら少し押さえて平らにします。
・フライパンにサラダ油(分量外)を熱し、両面を焼き色が付くまで焼く。
・冷めたら、そのままで弁当箱に詰めます。
※ツナ缶はスープ煮の方が油っぽくならずにすみます。
油漬を使う場合は、フライパンに油はいれず、弱火で焼き始めてください。

■ポテトのちくわピザ
ポテトサラダはマヨネーズや塩・コショウを足して、味を濃くして使います。
カレー粉やバジルなどを加えて、味を変えても美味しくできます。
【材料】
・ちくわ:1本
・ポテトサラダ:適量
・とろけるチーズ:適量
【作り方】
・ちくわは1本を1/3(お好みで加減してください。)の長さに切り、さらに縦半分に切ります。
・ちくわの切り口に、ポテトサラダをのせ、チーズを適当な大きさに切ってのせます。
・冷めたらそのまま弁当箱に詰めます。





  


ポテトサラダを使って

昼食代節約のためにお弁当を作りはじめたという方も多いのではないでしょうか。
ただでさえ忙しい朝にお弁当までつくることは、慣れるまでは大変だと思います。
前日の夕飯の残り物をお弁当に入れれば、時間も節約できますし、食材を無駄にしてしまうこともなくなります。

残ったそのままをお弁当に入れるのはちょっと味気ない、という方には、簡単に出来るイメイク術をご紹介しましょう。

ポテトサラダを、スコッチエッグ風にしてみました。
ひき肉で作るスコッチエッグとは違った優しいお味で、不足しがちな野菜をとることにも一役買います。
既にマッシュしてありますので、じゃがいもをつぶす手間も、ひき肉を練る手間もありません。
物足らなさをカバーするためにフライにし、ボリューム感をだしました。
切り口が可愛いのでお子さんのお弁当にも合いますし、少し大きめに作れば男性の方にも合うおかずです。

分量はだいたい一人分の目安です。
残ってしまった量や作りたい量にあわせて調節してください。

■ポテトのスコッチエッグ風フライ
【材料】
・残り物のポテトサラダ:100gくらい
・うずらの卵:2個
・フライの材料(小麦粉・溶き卵・パン粉):適量
・揚げ油:適量
【作り方】
・ポテトサラダでうずらの卵を包むようにして丸めたものを2個作ります。
・小麦粉、溶き卵、パン粉の順につけていきます。
・揚げ油を170℃に熱し、揚げます。
・冷めたら半分に切り、切り口が見えるようにして弁当箱に詰めます。





  


夕飯のおかずリメイク術

夕飯の煮物が残ってしまったら、翌日のお弁当のおかずにしてしまいましょう。
少し手を加えて入れることで、前日の残り物とは思えないくらいに立派な一品になります。

分量はだいたい一人分の目安です。
残ってしまった量や作りたい量にあわせて調節してください。

■切り干し大根のオムレツ
【材料】
時間のない時、オムレツを作るのが苦手な方は、割りほぐした卵にそのまま切り干し大根を入れて焼いても構いません。
最初にレンジで加熱する手間も省けます。
・残り物の切り干し大根:大さじ1杯
・卵:1個
・ねぎ(彩りに):適量
・サラダ油:適量
【作り方】
・切り干し大根を電子レンジで少し温めておきます。
・ねぎは小口切りにして、切り干し大根と混ぜます。
・熱したフライパンにサラダ油を引き、加熱する。
・卵を割りほぐし、フライパンに流しいれ少し焼く。
・オムライスを作る要領で、切り干し大根を卵で包むようにして焼く。
・冷めたら、食べやすい大きさに切り、切り口を見せるようにして弁当箱に詰めます。

■切り干し大根の袋煮
切り干し大根と一緒に、ピザ用のチーズや、お餅を小さく切ったもの(スライスされたお餅が便利です。)を少し入れると、味も変化し、ボリュームもUPします。
【材料】
・残り物の切り干し大根:1/2カップ(油揚げに入る程度)
・油揚げ:2枚
・煮汁:適量
(だし汁、しょうゆ、みりん等、お好みのお味でどうぞ。)
【作り方】
・油揚げの一辺に包丁を入れ、袋状にします。
・切り干し大根を詰め、楊枝でとめます。
・煮汁に入れ、煮含めます。
・冷めたらアルミカップなどに入れて弁当箱に詰めます。





  


きんぴらごぼうをリメイク

煮物は一度にたくさんの量を作るほうが美味しくできますが、残ってしまうことも多いおかずです。
夕飯で残ってしまった煮物をリメイクしてお弁当に入れてしまいましょう。
既に出来上がっているものを使うわけですから、下ごしらえなどの手間を省いて、時間を節約出来ますし、なによりお弁当を持っていくことで、昼食代の節約にもなります。

しっかりとした味の付いているきんぴらごぼうを、そのままで使い、お肉を加えることでボリュームアップさせてみました。
男性のお弁当のおかずにもぴったりです。

分量はだいたい一人分の目安です。
残ってしまった量や作りたい量にあわせて調節してください。

■きんぴらトンカツ
フライの衣には、溶き卵の代わりにマヨネーズを使います。
隠し味にもなりますし、手間を省き調理時間の短縮にもなります。
【材料】
・豚ロース肉(薄切り):2枚
・残り物のきんぴらごぼう:大さじ2杯
・片栗粉:適量
・マヨネーズ:適量
・パン粉:適量
・揚げ油:適量
【作り方】
・豚肉を広げて片栗粉をまぶします。
・きんぴらごぼうを手前1/4くらいのところにのせて、手前から肉を折りたたんでいく。
(片側に寄せて、クルクルと巻いていっても構いません。)
・外側全体にマヨネーズを薄く塗ります。
・パン粉をまぶして、170℃の揚げ油で揚げて、中まで火を通します。
・冷めたら食べやすい大きさに切り、切り口が見えるようにして弁当箱に詰めます。

※きんぴらごぼうを肉の上にのせる前に、豆板醤をほんの少し肉に塗ると、ピリッとした大人向けの味になります。





  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
カテゴリ
Mobile向けサイトはこちら